統計から見るベトナム

【第17回】「肉食女子」はいる?ベトナム独身女性の恋愛感調査

2015年11月26日公開

今回は ベトナム女性の恋愛事情 についてです。「ベトナム女性は嫉妬深い」とよく言われますが、実際のところどうなのでしょうか? 彼女たちの彼氏の探し方や付き合い方などについて、20~34歳で「現在彼氏がいる」または「彼氏がいたことがある」独身女性300人を対象に調査しました。

出会いの多くは「学校」。但し「オンライン」が13%も

以前、 「彼女探しもオンライン?! ベトナム独身男性の恋愛事情」 という記事でも触れましたが、現在の彼氏(もしくは直近の元彼)とは 「学校」で出会ったという人が多い ようでした。特徴的なのは、 「オンライン」という回答が13% に上っている点でしょう。ベトナムでは、Facebookなどで知らない人へ友達申請したり、スマホアプリを使って近くにいる面識のない人に声をかけるなんていうことも、若者の間では日常的に行われており、 オンラインでの出会いは日本よりも肯定的に捉えられています。


 

付き合うまでのアプローチは比較的「控え目」

好きな男性ができたとき、ベトナム女性はどのようにアプローチするのでしょうか?

「好きな人ができたら自分から積極的にアプローチをする」と回答したのは全体の21%で、「今の彼氏へのアプローチも自分からした」という人は10%に過ぎません。

また、好きな人に彼女がいた場合、「諦める」と回答したのが6割で、相手も自分のことが好きだとわかっていても「待つ」との回答が4割を占めるなど、付き合うまでは積極的に行動せず、まずはFacebookなどのメッセージアプリを使って 相手の反応を見る、というのが最も一般的 なようです。


 

付き合った後の親密度は「濃い」

一方で、一旦付き合い始めると、拘束が一気に強まるようです。彼氏に会うのは「週に数回以上」との回答は半分程度でしたが、彼氏と「毎日電話する」という人が47%、メッセージについては、 「1日60通以上のやりとりをする」という人が3割 もいます。よく、ちょっと連絡しなかっただけで彼女に怒られたというベトナム男性の声をよく聞きますが、何となく状況が目に浮かぶような数字ですね。

またデートの支払いに関しても、 83%が「彼氏が全部払う」「彼氏が多く払う」 と回答しています。学生であっても、男性が少し多めに払うのが習慣化しているようです。
 

ベトナムに「肉食女子」はいるのか

ちなみに、日本で少し前から聞かれるようになった「肉食女子」、ベトナムには存在するのでしょうか?

今回の回答者の中に、 「恋愛に非常に積極的」「好きな人がいたら自分から告白する」などと回答してくれた女性が10%ほどいました。 彼女たちの多くは、好きな人ができたら積極的にアイコンタクト、ボディタッチ。相手に彼女がいても半数以上が構わずアプローチし、いざ付き合うとなったら メッセージは1日100通 というアグレッシブな女性たちです。

ベトナムの女性は強い、とよく言われますが、今後ますます強さを増し「肉食女子」の割合も増えてしまいそうな予感がします。

株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。

NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。

2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中

統計から見るベトナム一覧へ

関連ニュース