統計から見るベトナム

【第22回】ベトナムで人気のレストラン&コーヒーショップは?

2016年03月22日公開

ベトナムでビジネスをする際、 「誰がターゲットとなるのか」 ということは常に注意しなくてはならない思っています。ベトナムの可処分所得の上位20%と下位20%を比較すると、日本でその差が4倍なのに対し、ベトナムでは12倍もある・・・などというデータもあり、 「平均的なベトナム人像」というのは存在しない と考えた方がよいでしょう。

そんな中でも、日本企業にとって比較的ターゲットとしやすい(収入及び支出額が高い)、ホーチミン市及びハノイ市に住む独身男女の会社員(パートタイム・自営業を含む)500名に対して、「食」の調査を行いました。
 

夕食は自炊が多数派

まず、彼らがどういったところで日々の食事を済ませているかを見てみると、朝食では自炊派が33%。殆どの人がストリートフードやお店などで購入した食事で済ませています。昼食は自炊派、弁当派、外食派、購買派に分かれます。一方で、 平日の夕食はほとんどが自炊 なのが特徴的です。


 

ベトナム料理の次に日本料理が好き

好きな料理を聞いてみると、ベトナム料理に続くのは 日本料理 です。ただ、ここでの「好き」と「普段食べている」は異なり、 日本料理は「特別な時に食べる料理」 という位置付けです。また女性の間で韓国料理が人気なのは、韓流エンターテインメントなどの影響の一端でしょうか。


 

好きなレストランは「KFC」、コーヒーショップは「チュングエン」

そして、好きなレストラン・コーヒーショップについてです。好きなレストランで上位にくるのは KFCやハンバーガーショップ、ピザショップ です。また Sumo BBQやKICHI-KICHIといった鍋やBBQなどの ビュッフェスタイルのチェーン店も人気 となっています。ビュッフェスタイルはちょっと特別な時に使われることが多いようです。

コーヒーチェーン店で1位、2位を占めるのは、やはり地場企業が展開する店舗数の多い「チュングエンコーヒー(Trung Nguyen Coffee)」と「ハイランズコーヒー(Highlands Coffee)」でした。

その一方で、特に都市部では、おしゃれなコーヒーショップがどんどんオープンしています。これらのショップではコーヒーの値段が5万VND(約250円)を超えるところも珍しくありませんが、こういったお店でひたすらおしゃべりをする若者をよく見かけると思います。

更に 3割の人が「コーヒーを毎日飲む」と回答 しており、ベトナムがコーヒー大国であることを実感できる数値です。ベトナムの若者の「飲」と「食」の出費比率は、かなり「飲」に偏っているように思います。
 

1か月の食費は7000円程度

都心部の若者でも、平均すると1か月の食費は140万VND(約7000円)程度だそうです。これはかなり控えめな数字ですが、実家暮らしの人は家での食事、地方出身者は実家からの食材の提供などがあるため、少なく抑えられているという側面があります。

これから彼らが年を重ね収入が増えていくと、徐々にでしょうが、特に食のバラエティが増え、外国料理や居心地の良いレストランなどの需要が増えてくるのではないかと思います。

株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。

NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。

2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中

統計から見るベトナム一覧へ

関連ニュース