統計から見るベトナム

【第24回】ベトナム人はやはりベトナムコーヒーが好きなのか?

2016年05月11日公開

ベトナムというと「コーヒー」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか? 現在、ベトナムのコーヒー輸出量はブラジルに次いで世界第2位。コーヒー豆の品質も向上しているようで、2015年から世界56か国のスターバックスで、ベトナム産のコーヒーが販売されています。


© NgBK

「ベトナムコーヒー」というと、独特のコーヒーフィルターで抽出し、コンデンスミルクを加えるのが一般的。一方、ベトナムの都市部では、お洒落なコーヒーチェーン店が増えており、カプチーノやラテなどを飲んでいる若者をよく見かけます。

それではベトナム人はどのようなコーヒーを飲んでいるのでしょうか? 18歳から49歳までのベトナム人男女500人を対象に調査してみました。
 

「ベトナムコーヒー」が6割

「ベトナムコーヒー」と「ラテ・カプチーノのような西洋系のコーヒー」のどちらをベトナム人は好むのでしょうか? 調査の結果、 ベトナムコーヒーが57% と、ラテ・カプチーノの43%を上回る結果となりました。

但し、女性だけで見ると、ラテ・カプチーノが55%、ベトナムコーヒーが45%で、ラテ・カプチーノが上回りました。男性の69%がベトナムコーヒーを支持しているのとは対照的です。

好きなコーヒーの種類について質問してみると、男女の違いがさらに明らかになりました。女性は練乳入りのベトナムコーヒーやカプチーノなどを好むのに対して、男性はブラックの比率が高めです。特に女性は、10代、20代がカプチーノ、30代以上がミルク入りベトナムコーヒーと、傾向がくっきり分かれています。


 

飲む頻度、男性は毎日、女性は週1~2日

それでは、ベトナム人はどのくらいの頻度でコーヒーを飲んでいるのでしょうか? 回答者の81%が「コーヒーを定期的に飲む」と回答していますが、その中でも「毎日コーヒーを飲む」という人が3割に達しておます。

男性は出勤前に通りぞいのカフェでベトナムコーヒーを飲み、女性は週末にカプチーノやラテを飲みながら友達とカフェで談話をする―――こんなイメージが湧いてきます。


 

「チュングエン」根強い人気も、若者はおしゃれカフェを好む傾向

ベトナム人の好きなコーヒーブランドを調査してみると、 圧倒的な人気を誇ったのは「チュングエンコーヒー(Trung Nguyen Coffee)」、そしてインスタントコーヒーでも同じくTrung Nguyen社が販売する「G7」でした。 ベトナム人の65%が購入経験があるとい言われるチュングエンコーヒー。その影響力は圧倒的です。一方、若者の間では、チュングエンよりも廉価な「ハイランズコーヒー(Highlands Coffee)」や、急速に店舗数を増やしている「ザ・コーヒーハウス(The Coffee House)」などが人気を集めています。

株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。

NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。

2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中

統計から見るベトナム一覧へ

関連ニュース