統計から見るベトナム

【第27回】ベトナムの若者の6割が副業持ち!? その実態は

2016年07月29日公開

ベトナム人の実際の収入を知ることは、非常に難しいです。海外からの送金、仕事関連で受け取る「袖の下」に加えて、副業を行っている人が多く、個人の収入額が不明確になっています。富裕層であれば、本業以外に「不動産転がし」などで儲けていたりして収入の把握が困難であるのだろうと想像がつきますが、実際には 若者の多くも副業を行っていて、予想以上に収入を得ている 場合があります。

そこで、どの程度の若者が副業をしているのか、 Q&Me を通じて22歳~29歳の会社員を対象に調査してみました。
 

6割の人が副業持ち!

調査した結果から、副業を定期的に行っている人が13%、不定期に行っている人が45%で、何と 6割を超える人が何らかの副業をしている ことがわかりました。

副業の中で多いのは、 エンジニアが仕事外で開発の仕事を請け負ったり、事務系の仕事をしている人がオンラインなどで商品を販売したりするケース です。

エンジニアに関しては、プロジェクトを個人的に、あるいは友人たちと一緒に請け負ったりする他に、 vLanceFreelancerViet などのフリーランスサイトを利用するのが一般的です。これらのサイトは海外案件も多いため、大体時給にして1000円を超える収入が得られるのですが、これは殆どのエンジニアにとって本業の時間給より歩合が良い状況です。

一方、オンラインでの商品販売では、Facebookが最も活用されています。特に女性が多く手がけているのが、タイなどからファッション製品を個人で買い付け、自前のFacebookショップで販売する形態です。売上高は月に数万円程度のケースが殆どですが、儲けることだけでなく、自分のセンスで買い付けた商品を販売する体験を楽しんでいる面も大きいように感じます。
 

本業就業中にも副業

みな、平日の夜間や週末などを利用して副業に励んでいますが、中には 本業の就業時間中に副業に励んでいる人もいます。 以前、某社の受付嬢が「暇だから」と、我が社のカスタマーサポートを1年くらい引き受けてくれたことがありました。ベトナムの若者は抜け目がありません。


 

本業収入が高いほど、副業をしている!?

調査をしてみると、 副業を行っている人たちの本業の収入は、副業をしていない人たちの収入に比べて高い という傾向がわかりました。これは高収入への執着が強い表れとも言えますが、特にエンジニアなどのように、収入が高い人はスキルも高く、独立して収入を得られやすいという背景があります。

前述しましたが、ベトナムのエンジニアたちは、時給1000円程度で仕事を受けています。一方で、日本でも昨今、フリーランスサイトが人気ですが、時給1500円~2000円程度の低価格の仕事が増えています。仕事の受け方の柔軟性が上がってくると、時給はそれぞれの国の物価と比例しなくなり、特にインターネットで受けられる仕事の単価はグローバル規模で平準化していくのでしょうね。

株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。

NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。

2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中

統計から見るベトナム一覧へ

関連ニュース