統計から見るベトナム

【第29回】2020年オリンピック開催地、知ってるベトナム人はどのくらい?

2016年08月29日公開

リオデジャネイロオリンピックが先日、盛況のうちに終了しました。日本は金メダル12個、銀メダル8個、銅メダル21個と、合計41個ものメダルを獲得したこともあり、開催中は早朝からオリンピック速報をチェックした人も多かったと思います。

ベトナムでも、 射撃男子エアピストルにてホアン・スアン・ビン選手がベトナム初のオリンピック金メダルを獲得 したことが話題になりました。では実際に、どの程度の人が今回のオリンピックを観戦していたのでしょうか。ベトナム全国に住む16~49歳の男女500名を対象に調査してみました。
 

「見ていた」のは約半数

調査対象のうち、 「ほとんどの競技を見ていた」「気になる競技を見ていた」と回答した人を合わせて約半数で、「全く見ていなかった」という人が4分の1を占めました。 金メダルを獲得したとはいえ、やはり自国選手の出場が少ないこともあり、オリンピックが連日話題に・・・ということもなかったように感じます。
 


 

オリンピックで盛り上がった種目について聞くと、やはり 断トツは「ホアン・スアン・ビン(エアピストル)の金メダル」 でした。2番目に多かったのは、「ブラジルのサッカー金メダル」。特に男性からの得票が高い傾向がありました。以下、「水泳のマイケルフェルプスの活躍」、「ウサインボルトの3種目3連覇」などが続きます。
 


 

次回オリンピック開催地を知っているのは1割足らず

ところでベトナムでは、2020年のオリンピックの開催地が東京であることを、どのくらいの人々が知っているのでしょうか?

「東京」と回答できたのは、全体の9%。 「日本」という回答を含めても14%に留まりました。私たち日本人にとっては誰もが知っているビッグニュースですが、ベトナムの人々にとってはまだまだ認知度が低いようです。
 


 

あわせて、2020年のオリンピックで活躍しそうなベトナム選手を挙げてもらったところ、次のような選手の名前が上位を占めました。

ホアン・スアン・ビン(エアピストル) :一躍有名になった、ベトナム初の金メダリスト。オリンピックが始まる前から彼を知っていたという人は3割でしたが、今や国民の誰もが知る存在になりました。(得票数36%)

グエン・ティ・アイン・ビエン(水泳) :2015年の東南アジア競技大会(SEA Games)で4つの金メダルを獲得した国民的英雄。まだ19歳と若く、2020年には脂が乗り切っているのではないでしょうか。(得票数14%)

グエン・ティエンミン(バトミントン) :リオオリンピックにも出場したバトミントンの人気選手です。2020年には37歳。ちょっと厳しいかもしれません・・・。(獲得数2%)

2020年にメダリストとしてこれら選手の名前を東京で聞くことはあるのでしょうか? 注目してみていきたいと思います。

株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。

NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。

2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中

統計から見るベトナム一覧へ

関連ニュース