統計から見るベトナム

【第33回】ベトナム人の知っている日本食は?

2016年12月07日公開

ベトナム人は非常に親日で、日本の文化に非常に関心が高い点については、もう言うまでもないかもしれません。今回のテーマは、 ベトナム人と日本食 についてです。ベトナム人はどんな日本食を食べるのか、またその頻度はどのくらいなのか。16歳〜49歳のベトナム人男女500人を対象に調査してみました。

 

日本食は好き?

日本食を食べたことのある人に「日本食は好き?」と聞くと 7割の人が「大好き」もしくは「好き」 と回答しています。外国の料理の中で 日本料理は最も人気のある料理の一つ かもしれません。

 

日本食を食べる頻度は?

日本食がベトナムで浸透しているかと言うと、必ずしもそうとは言い切れません。日本食を 「月に一度以上食べる」と回答した人はなんと全体の11% 、「6ヶ月以内」であっても2割に留まります。まだまだ日本食はほとんどのベトナム人にとって、非日常なもので、 「日本食を食べたことがない」人も4割に至る のが実情です。

「日本食が好き」というので、日本食レストランに連れて行ったら、「刺身が食べられない」、「実はよく日本料理を知らなかった」というのはよくある話です。様々なイメージやニュースから直感的に「日本料理も好き」と思い込んでしまっている傾向すらあります。

 

どんな日本食を食べるの?

ベトナム人が知っている、または食べたことのある日本料理はどのようなものでしょうか。圧倒的に知名度及び体験度が高いのは やはり「寿司」 です。 8割強の人が知っており、半分の人が食べたことがある ようです。

最近はベトナム人が経営する廉価な寿司屋も多く営業していることから、食べたことがある人の割合も高まってきています。 寿司に続くのが「抹茶」 で、これは抹茶ラテや抹茶アイスなどのデザートの影響で女性の知名度が高めです。

実はこれ以外の日本食となると、一気に食べたことがある人の割合は下がります。最近は多くの日系チェーンがベトナムに進出していますが、実際にベトナム人の目に留まるにはもう少し時間がかかりそうです。

一方で、 「たこ焼き」 のように急速に店舗展開が広がっているような日本食もあります。ベトナムのレストラン検索サイト Foody によると、ホーチミンだけでも既にたこ焼きを提供するレストランや屋台は67もあるそうです。元々ストリートフードの多いベトナムですので、こういった廉価で気軽に食べられる日本食は浸透しやすいかもしれません。

株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。

NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。

2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中

統計から見るベトナム一覧へ

関連ニュース