統計から見るベトナム

【第37回】スーパー・コンビニの進出で変わるベトナム主婦の買い物文化

2017年07月11日公開

ベトナムはアジアの中でも伝統小売(家族経営の店舗)の割合が多いのが特長です。一方で、ベトナム都市部を中心にここ数年、スーパーマーケット、コンビニなどのモダンチャネルも増えてきています。昨今の セブンイレブンのベトナム進出 などもその流れに拍車をかける一因と考えられます。

それでは スーパーやコンビニの進出によって、ベトナムの主婦層の買い物スタイルはどのように変化を見せているのでしょうか? ホーチミン市、ハノイ市在住の20歳〜39歳の主婦1000名を対象に調査を実施しました。

 

日用品はどこで買う?

調査を行った二都市ではスーパーマーケットやコンビニの店舗数が増えてきていることもあり、例えばホーチミン市の回答者のうち85%が「自宅の1km圏内にスーパーまたはコンビニがある」と回答をしていて、距離的な障壁はなくなりつつあると考えられます。

現在、 日用品購入の利用店舗としては、60%がスーパーマーケットを、58%がローカル市場を、そして40%がローカル店舗を利用 しています。スーパーマーケットが日用品購入の中心と変わってきています。

 

毎日ローカル市場派は4割

スーパーマーケットとローカル市場の違いを分析してみると、いくつかの相違点が浮き彫りになります。まず第一の違いは 「買い物の頻度」 です。 ローカル市場は「ほぼ毎日」利用 されているのに対して、スーパーでの購入頻度はずっと低くなります。

ローカル市場を利用する主婦の 57%が「週に4回以上」ローカル市場にて買い物を行っている のに対して、 スーパーマーケットのの利用者は9割が「週に2〜3回以下」 と回答をしています。

また、ローカル市場ではその日に調理するための食品が購入されているのに対して、スーパーマーケットではより多くの商品を買いためる形で利用されています。そのため、1回当たりの購入費用を比較してみても、 スーパーマーケットの平均利用金額は54万5000VND(約2738円)と、ローカル市場の約3倍 にもなります。

 

ローカル市場の利用が減った主婦は53%

それぞれの店舗に対する期待値も異なります。 スーパーマーケットには「商品の多様性」や「品質」を求める人が多い のに対して、 ローカル市場では「新鮮な食品」や「価格の柔軟性(値切り)」を期待する傾向 があります。

ベトナム人主婦にとって価格は常に重要な要素ではありますが、スーパーマーケットは より質の高い多様な商品群から商品選択できる点に魅力 を感じている人が多いようです。

実際、スーパーマーケットやコンビニエンスストアの出現によって、ローカル市場やローカルストアの利用が減少している傾向が見られます。今回の調査では、 「ローカル市場の利用が以前と比較して減少した」と回答する主婦は53% 、ローカルストアについても40%が同様に回答しています。

特にインパクトが大きいのが「パーソナルケア(ボディソープ、ハンドクリーム等)」や「家庭商品(衣類、電化製品等)」、「冷凍食品」などの分野で、生鮮食品については、伝統小売が根強い人気を保っていますが、それ以外の商品については、購入先はモダンチャネルに移行しているようです。

株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。

NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。

2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中

統計から見るベトナム一覧へ

関連ニュース