サトウキビジュース売り
~ベトナムの仕事人(4)~

2015年06月29日公開

暑いときに飲みたいジュース、ベトナム人の多くが「サトウキビジュース」を挙げるのではないでしょうか。さっぱりした甘さがいいんですよね。ベトナムではあちこちの屋台で、搾りたてを手軽に飲むことができます。ホーチミン市では1杯1万ドン(約60円)以下の値段で売られていることが多く、お財布にとってもやさしいのもありがたい。そんなサトウキビジュースを売っている人の仕事ぶりを動画でみてみましょう。


© Crossco

サトウキビジュースは、ベトナム語で Nước mía(ヌォックミア) と言います(nước=
水、mía=サトウキビ)。但し、北部では Mía đá(ミアダー) と呼びます(đá=氷)。

ベトナムのサトウキビジュースがおいしいわけは?

アジアやラテンアメリカの熱帯国の多くでサトウキビジュースが売られていますが、他の国で飲むと青臭くていまひとつ・・・。でも、ベトナムのものは臭みがなくてさっぱりしています。その秘訣はなんでしょう。動画でご覧ください。

使っているのはサトウキビだけじゃなかったんですね。このほか、イチゴやオレンジなど他の果物を使ったサトウキビジュースを売っているお店もあります。私のおススメはイチゴ入りサトウキビジュースです。

ちなみに、サトウキビジュースはしばらく置くと酸化作用で味が大きく変わってしまうため、おいしく飲むには搾りたてでなくてはなりません。買ったらなるべく早く飲むようにしましょう。

サトウキビジュース屋さんて儲かるの?

あんなにサトウキビジュースを売っている人がいるということは、結構儲かる商売だから、と推測できますよね。いったいどの程度の収入なんでしょうか。ベトジョーニュースに、こんな記事がありました。→ 酷暑のハノイでサトウキビジュースが大人気

2014年5月の記事ですが、これによると、サトウキビ搾り機は2200万VND(約12万6000円)と結構なお値段。1杯当たりの価格は1万VND(約60円)で、原料代や電気代を除くと利益が5000VND(約24円)ほど。1日で100~150杯売れるので利益が70万ドン(約4000円)を超えることもあるそうです。ということは、1日最低100杯を売ったとして30日間休まなければ、 1か月の利益は1500万VND(約8万6000円)。銀行員の平均給与と変わりません。 もちろん、客足の途絶えない立地条件を確保する必要がありますが、機械への投資分はすぐに回収でちゃいます。こんな話があるから、みんな道端で商売したがるんですねえ。

サトウキビジュースの効能

サトウキビジュースに含まれる糖はグルコース(ブドウ糖)で、スポーツ後の水分補給や体が疲れたときのエネルギー補給に最適な飲みものです。また、利尿作用により腎臓の働きをスムースする作用があります。そのほか、コレステロールの抑制、中性脂肪の低下、抗癌作用(特に前立腺癌と乳癌)などがあると言われています。おいしいだけでなく、健康にもいい飲料だったんですね。

衛生面に注意!

おいしい反面、旅行者がおなかを壊した原因として挙げられることも多いサトウキビジュース。あまりはやっていなかったり、機械を洗浄していない感じのお店では、ハエがたかっていたり、悪臭がしたりしています。また、サトウキビジュースに欠かせない氷が衛生的でない可能性もあります。なるべく、次々にサトウキビを搾っているようなはやっているお店で買うようにするのが良いと思います。また、体調の悪いときは飲むのを避けたほうがよいでしょう。最近は、 「Siêu sạch(シエウサック=超清潔)」 を売りにした屋台もたくさん出現しています。