【つぶやき2】「準備に200%のエネルギーを注ぐから、本番で120%の力を発揮できる。」イチロー

2018年04月23日公開

今シーズンもイチローの契約が決まりホッとしています。
同年代の一人として彼の発言や活躍に刺激を受けているので、勝手に意識させて頂いています。
今回、そんなイチローの言葉を選んだ理由は、ベトナム現地中学校の日本語の授業で、私自身痛感させられたことがあったからです。

この中学校は140年以上の歴史があり、10年以上前から日本語学習に取り組んでいます。
1クラスは50人弱、狭い教室にすし詰め状態といったところです。
長机を使用しているので移動するのは至難の業。
机上を歩くのが一番スムーズです。
エアコンや扇風機は設置されていますが、汚れが目立ち埃が霧雨のように舞っています。
このように学習環境は恵まれていませんが、生徒は本当に素直です。
目がキラキラ輝いています。

ですから楽しい授業は集中して盛り上がります。
しかし、そうでないときは…、カオス(無秩序状態)です。
注意をしても3秒後には、またカオス。
日本で身につけた指導方法は、ほぼ無力です。

当然、そんな状態は懲り懲りですから、授業準備には手を抜きません。
会話練習が中心なので、様々なバリエーションを用意します。
他にも早口言葉やカラオケ、聴解(リスニング)、パズル、算数、作文、漢字、ゲームなど、ベトナム人先生にアドバイスを貰いながら授業を組み立てます。

しかし、あまりにも騒がしく授業後の耳鳴りが、数時間鳴り止まないこともあります。
そんなときに思うのがイチローのこの言葉です。

「準備に200%のエネルギーを注ぐから、本番で120%の力を発揮できる。」

自分ではしっかりと綿密に準備しているつもりでも、授業がカオスになってしまうのは、まだまだ準備へのエネルギーが足りないということ。
生徒の素直な反応を受け入れて、生徒のために120%の力を発揮しようと心に誓い、次の授業準備に取りかかるのでした。

そう言えば先日、我が子が翌日の幼稚園の準備をしているのを眺めていました。
着替えやタオルを袋に入れて、連絡ノートや歯ブラシもそろえていきます。
服のコーディネートまで考えていました。
何だか嬉しくなって、良かれと思い手伝おうとすると、「触らないで!」と怒られてしまいました。
よくよく見ていると、カバンに入れる順番も決まっているようです。
準備のルーティンが決まっているのです。
まさにイチローだ!
バカ親ですか?親バカですか?

イチローとは…
1973年生まれ。日本のプロ野球オリックスから2001年にMLB(米メジャーリーグ)へ。2016年に日米通算4257本安打の世界記録を樹立。現在シアトルマリナーズに所属。幾つかのルーティンを持っている。

 

Taro

「バカ親と親バカ」自分はどちらだ?そもそも自分で選べるものなのか?と言う疑問です。

ちなみに『「バカ親」とは、我が子がかわいすぎて、やたらに自慢したり、過保護にふるまったり、傍目からは愚かなことをしているのに、自分では気づかないこと。これを非常識なことだと思わない身勝手な親のこと。周囲も本人も笑うが、本人は失笑されていることに気づかない。一方、「親バカ」とは、我が子がかわいすぎて、やたらに自慢したり、過保護にふるまったり、傍目からは愚かなことをしているのに、自分では気づかないこと。本人も笑っているが、周囲も笑って和やかになること。』だそうです。

子育てには、悩みがつきものですよね。海外生活では、なおのこと子どもの教育には頭が痛い。そんなときは、偉い人たちの名言を拝借しちゃいましょう。

【問い合わせ】疑問や質問、激励があればこちらまでお願いします。>> taroljaf@outlook.jp

バカ親か、親バカか一覧へ

関連ニュース