【第21回】ベトナムの大学生との交流

2018年09月05日公開

こんにちは!
早稲田大学公認ボランティアサークルの DOORS―日越交流プロジェクトー です。DOORSは、年に2回、春と夏にベトナムに渡航をし、主に奨学金授与と交流会による教育支援を行っている団体です。

今年の夏も、8月15日から27日までベトナムに滞在し、様々な活動をしてきました。今回は、それらの活動の中で私が企画を担当した University Meeting(ユニバーシティ・ミーティング=UM) についてお話しします。 ベトナム大好き!三度の飯よりフォーが好き!めい がお届けいたします。

ベトナム現地で一緒に作り上げたもの

UM は、ベトナムの大学生と私達日本の大学生による英語を使った交流会です。大学生同士がお互いについてを知ることを目的としています。今回のUMのメインアクティビティは、日越ミックスの少人数グループを作り、ベトナム人観光客に向けた日本の観光プラン・日本人観光客に向けたベトナムの観光プランを考えました。最後に一番良いプランを投票で決めるコンペティション(大会)を開催しました。

お互いが意見を出し合って、みんなより良いプランを作ろうとがんばっていました!!グループ内では、日本人もベトナム人も自国のオススメの場所について伝えようとしたり、それを知ろうとする姿勢がよく見られました。


プラン考え中


できたプランの発表!!

メインのコンペティションの他にもいくつかのゲームで盛り上がったり、お互いの大学についてのプレゼンをしたりと、楽しく相互理解が図れる交流会となりました。一つの大学と大学の大切なつながりを新たに築くことができて大変嬉しく思います。

UM終了後にはベトナムの大学生たちに近くの牛鍋屋さんにも連れて行ってもらいました!!

「交流」がもたらすもの

今回は大学生との交流、UMについてお伝えしました。同世代だからこそ分かり合えること、国の違いから文化の違いを感じること、同じ部分と違う部分があるということを身を以て体験するからこそ、お互いの国のことをよく知れると思います。これからも様々な年代の方々との「交流」を大切にして活動していきたいと思います!!


会話が弾みます♡


みんな楽しそう!!!

ミニべトコーナー

最後にお送りするのが、 DOORSのミニベトコーナー です!このコーナーでは、ベトナム現地で私たちが体験した情報をお届けします。

今回は、私達の滞在先の近くにある ハインチュオンホテル(Hanh chuong hotel) の一階にある雑貨屋さん「 モンサイゴン(HMONG SAIGON 」をご紹介したいと思います!!

たくさんのカラフルなアクセサリーやバックをはじめとする雑貨がこじんまりとした店内にたくさん並べられています!

中でもオススメはポーチ!!個性的で種類の豊富なデザインに加えて、大きさもマチも様々でこのお店に来れば自分にぴったりのものがきっと見つかります♡


5個買うと1つ無料なのでまとめ買いや贈り物にもオススメです!

最後まで読んでいただきありがとうございます。今回はここまでです!!
次回の「ドンと行く!俺らのベトナム体験記」もお楽しみに!!

DOORSー日越交流プロジェクトー

早稲田大学平山郁夫ボランティアセンター(WAVOC)公認 DOORS-日越交流プロジェクトー

「相互理解・相互成長」を理念に、年2回ベトナム・ホーチミンの小中学校と高校で「交流」を通じた教育支援と奨学金支援をしている学生ボランティア団体。

ドンと行く!俺らのベトナム体験記一覧へ

関連ニュース