「イベントオヤジの独り言」の全記事一覧

平櫛開三 HIRAGUSHI KAIZO

1987年に株式会社AABを日本(大阪)に設立、その後、2006年にAAB VIETNAMを設立。
AAB VIETNAMはイベント関連事業全般を業務範囲とする。日本の公官庁や自治体、ベトナム進出の日系企業等の顧客を持ち、各種式典(竣工式などのオープニングセレモニー、周年記念など)やPRイベント(新商品発表会や日本の物産展、商談会や観光誘致プロモーションなど)、会議、展示会、各種パーティーからエンターテインメント(ベトナム人歌手のライブショー、ファッションショーなど)までを幅広く手掛け、ベトナムにおけるイベント専門会社の中でもトップクラスの規模を誇る存在に成長させた。
2018年より日本及び海外拠点(ベトナム、フィリピン、インドネシア、マレーシア、フランス)の統括管理責任者として、グループのCEOに就任。ベトナムの日本人向け媒体に「イベントオヤジの独り言」を連載した。
◆連絡先
AAB VIETNAM
平櫛直通TEL:090-262-0066
hiragushi@aab.co.jp

  • 【第6幕】場数がものを言うイベントの現場 [2019年11月07日]

    かれこれ今まで一体何本のイベントをやってきたのでしょうか…。日本で20年+ベトナムで10年、もう数えるすべもないですが、とてつもない現場数をこなしてきてるのだと思います。 イベントの推進作業の段階で、「マニュアル」をつくるという工程が必ずあります。また、マニュアル制作費という見積項目もあります。しかしこの数十ページにも及ぶマニュアルを現場で読んでいると、昔はよく先輩に怒られたものです。「運営マニ...

  • 【第5幕】イベントは基本構想~企画制作~本番。普通の事ですが、普段の生活も遊びも同じです。 [2019年09月12日]

    私たちイベント会社の仕事は、「基本構想~企画制作~本番」の繰り返しです。当たり前ですが、普段の生活や他の仕事でも、まず構想をして、企画をして、そして本番がすべてですよね。 【基本構想】今日は何を食べよう 【企画】メニュー構成を考える 【制作】買い物、調理 【本番】食べる 「どこで食べよう」、「どこに行こう」、「何をしよう!」すべてのことはイベントの準備と同じなんです。 イベントの企画制作...

  • 【第4幕】滞在13年以上、イベント会社が知ってるおいしいモノ、心地よい空間とは。 [2019年08月12日]

    以前のコラム でも書いた通り、私たちイベント会社の仕事は突き詰める事です。食事をする場所や新しいロケーション、流行りのスポットなどは仕事柄いつもチェックします。様々なターゲットに合わせたイベントの空間を提案するために、日頃の調査活動は欠かせません。毎日の生活を営む上で、自分に合う心地よい空間で過ごすのは楽しいですよね。 私たちは、官庁や都道府県など日本の公的機関からの案件で、食品の輸出促進や...

  • 【第3幕】ベトナム人は何でもできる、何でもブローカー [2019年06月27日]

    2025年に大阪万博の開催が決定しましたが、思えば今から十数年前、名古屋の愛・地球博(愛知万博)の会場で、現場ついでにベトナム館に何度も通ったところ、突然べトナムに興味を持ち、何の頼りもなく一人でふらっとホーチミンに遊びに来たのが、私のベトナム進出のきっかけでした。 この国が気に入った私は、犬のオシッコのように駐在事務所を開き、そして約2年かけて業界(イベント関係)の調査活動をたった1名の女...

  • 【第2幕】ホントに喜ばれるギフトは? [2019年05月27日]

    工場や事業所、会社設立のオープニングセレモニーや周年事業など、ホテルや工場などで行われるセレモニーイベントを毎月、数多く受注させて頂いています。多くのお客様をご招待するセレモニーでは、必ずと言っていいほど、お土産を頂くと思います。皆さん、 式典に参加してほんとに嬉しいお土産をもらったことはありますか? (心は別ですよ) お土産の案として、よくクライアントから「普段使える、後に残るもの、会社名...

  • 【第1幕】ベトナム生活の醍醐味! [2019年05月14日]

    コラム「イベントオヤジの独り言」をベトジョーライフにて再スタートします平櫛開三です!ここでの独り言は、 イベントビジネスとベトナムの生活をリンクさせた面白話 を連載させて頂きます。 今までコラムを毎回毎回辞めようかどうか…と思っていると、「最近見ないですね。楽しみに…」なんて言われ…。なので!コラム卒業は延期にしました!今後とも宜しくお願いします。 で、改めてイベント会社の仕事についてです...

関連ニュース