【第13回】少数民族チャム族のユニークな文化と、ニントゥアン省の豊かな観光資源

2019年09月09日公開

こんにちは、青年海外協力隊の山田邦永(やまだくにはる)です。2017年10月より、ベトナムの非政府組織(NGO) VIRI でハノイを拠点に 活動 しています。

ニャチャンの玄関口である カムラン国際空港 から南へ70 km、中南部沿岸地方 ニントゥアン省 にあるバウチュック村で、現在VIRIは、コミュニティ・ベースド・ツーリズムを展開するプロジェクトを進めています。本プロジェクトに関して、本コラムで全2回に分けて紹介します。 前回の1回目 では、バウチュック村の陶芸の魅力を紹介しました。今回の2回目では、バウチュック村の文化及び周辺の観光資源を紹介します。

少数民族チャム族のユニークな文化

バウチュック村のあるニントゥアン省には、ベトナムに住む少数民族チャム族の約50%が住んでいます。

チャム族の伝統的な音楽と舞踊

チャム族にとって伝統的な音楽と舞踊のパフォーマンスは、チャム族の認識を反映し、感情や美意識を表現し、宗教生活とその実践において重要な役割を果たしています。このパフォーマンスには以下の3種類の重要な楽器が使われます。これら3種類の楽器で1人の人間を表しています。

● ギナン(Ghi Năng) という両面の太鼓は1対で使われ、人間の両脚を表す
● パラヌン(Pa Ra Nưng) という片面の太鼓は、人間の体と同時に内面を表す
● サラナイ(Xa Ra Nai) という縦笛は、人間の頭を表す

チャム族独自のチャム語とチャム暦

チャム族はベトナム語の他にチャム語を使っています。バウチュック村の看板は主にベトナム語で表記されますが、チャム語や英語も見られます。また、チャム族独自のチャム暦(チャム語でSakawiと呼ばれる)を使っています。西暦の9月末〜10月末にチャム暦の7月1日があり、この日は最も大規模な祭礼であるカテ祭が執り行われます。

バウチュック村周辺の観光資源

バウチュック村周辺には非常に魅力的な場所が多数存在しています。チャム塔の1つであるポー・クロン・ガライ塔は、ヒンドゥー文明を受容していたチャンパ王国の存在していた13世紀の終わりから14世紀にかけた建てられたものです。

ナムクオン砂丘はベトナムを代表する広大な砂丘の1つであり、特に日の出の時間帯は幻想的な風景に出会うことができます。

ニントゥアン省は、ブドウ(栽培面積約2,400ha)とグリーンアップル(栽培面積約1,100ha)の主要な生産地であり、ブドウにいたっては、ベトナム全土のブドウ栽培面積の約90%がニントゥアン省にあります。

ヴィンヒー湾は漁師の村で、新鮮な海産物を海に浮かぶレストランで堪能できます。

そして、地域との関わりやその土地の文化を大切にする アマノイリゾート があります。アマノイの表記は、「amanơi」であり、サンスクリット語で平和を意味する「aman」と、ベトナム語で呼びかけに使う「ơi」とが組み合わされています。

「Heritage of Future Past」プロジェクト

ニントゥアン省にはバウチュック村の陶芸を始めとする大変ユニークな文化と様々な表情の豊かな自然があり、コミュニティ・ベースド・ツーリズムの大きな可能性を秘めています。現在VIRIは、バウチュック村を基点に、持続可能なコミュニティ・ベースド・ツーリズムの実現をとおして現地の少数民族チャム族の生計向上を支援をするプロジェクト「 Heritage of Future Past 」を展開しています。本プロジェクトのドナーであるBritish Councilによる、非常に美しいニントゥアン省の動画をご覧ください。

最後に

全2回に渡って、バウチュック村で展開するコミュニティ・ベースド・ツーリズムプロジェクトに関して紹介してきました。興味を持ってくださった方は、ぜひ今後も引き続き、 バウチュック村のFacebookページ で最新の情報をご覧ください。

青年海外協力隊 山田邦永

ベトナムのNGO、VIRI で、ハノイを拠点に活動中の青年海外協力隊隊員が、彩り豊かな「ベトナム・フェアトレードの旅」へと皆さまを案内します。VIRIは世界フェアトレード機関(WFTO : World Fair Trade Organization)から国際フェアトレード組織として認められたベトナム唯一の団体です。

著者略歴:1983年生まれ。愛知県出身。東京大学卒業、東京大学大学院修士課程修了(分子生物学)、ビジネス・ブレークスルー大学大学院修士課程修了(MBA)。元ファイザー勤務、元ジョンソン・エンド・ジョンソン勤務(R&D)。現在、青年海外協力隊(任期:2017年10月~2019年9月、活動概要:VIETJOベトナムニュース記事参照)。

ベトナム・フェアトレードの旅一覧へ

関連ニュース