Voice ~ベトナム最前線で働く人の声~

【SAISHOKU KENVI★才色兼備】レ・ティ・ズンさん/日本長期滞在経験者

2016年10月03日公開

ベトナムで働く日本人を紹介している本コラムですが、時に趣向を変え、 「SAISHOKU KENVI」 と題して、ベトナムで活躍する 「才色兼備なベトナム女性」 の仕事や私生活に関する価値観などを取材し、キャリアウーマンとして活躍されている魅力的な女性を紹介しています。

今回は、8年間日本に住んだ経験を持つ、ハノイ在住の レ・ティ・ズン(Le Thi Dung) さんです。

2度の日本長期滞在を経験 した彼女の考え方は、非常に興味深いものでした。取材当時は求職活動中とのことだったので、彼女の私生活と今後の仕事の目標についてお話をうかがいました。
 

思い立ったが吉日!自由な学習環境を求め日本へ

―― ズンさん、本日はインタビューを受けて頂きありがとうございます。まずは、簡単に自己紹介からよろしくおねがいします。
 

ズン: はじめまして。現在ハノイに住んでいるDung(ズン)と申します。日本の麗澤大学を卒業し、その後4年間、2つの日系企業で働きました。
 

―― 失礼ですが、初めてお会いした時は日本人だと思いました。非常に流暢に日本語を話されますね。
 

ズン: お褒めいただきありがとうございます。日本の環境で勉強していたものの、日本語については今もまだ勉強中です。
  

―― 日本語を勉強し始めたのは大学からだということですが、日本に興味を持ち始めた理由はなんですか?
 

ズン: 高校を卒業した後、一旦ベトナムの大学に入学したのですが、自分が本当に学びたいことを勉強できない環境で、楽しくなかったんです。

そこで、海外の大学に留学すれば新しいことにも挑戦できるし、自由な環境が得られると思うようになりました。
 

―― 公用語が英語でない日本を選んだ理由はなんですか?
 

ズン: 実は、日本という国は、アニメなどの文化をはじめ、私達ベトナム人にとってとても馴染み深い国なんです。 私も幼少期から「ドラえもん」のアニメをよく見たりしていて、実際の日本はどんな国なのかこの目で確かめてみたい、という気持ちがありました。

あと、欧米の国々と比べて地理的に近いということも理由だったかもしれません。
 

―― ご両親に日本へ行きたいと相談したとき、心配されませんでしたか?
 

ズン: いえ、母は「好きなことにはどんどんチャレンジして欲しい」という教育方針だったので、留学に関しては肯定的で、色々な経験ができたのもそのおかげだと思っています。
 

5年間の日本留学を通して経験したことは?

―― 日本へ留学した際に、最初の壁はなんでしたか?
 

ズン: 留学のルール上、一定の期間は語学学校に通わなければならなかったので、最初の2年間は東京にある語学学校で勉強していました。

初めて日本に行った頃の感想は 「建物がしっかりしている」 だったと思います。(笑) あと、やっぱり 皆さん交通ルールをしっかり守ってるのが印象的 でしたね。日本では当たり前かもしれませんが、ベトナムの交通事情からすれば、みんながしっかり交通ルールを守っているのは本当に驚きなんです。

そして、2年間日本語を勉強した後、麗澤大学の国際経済学部に入学しました。何より嬉しかったことは、好きなさようにカリキュラムを組んで、学びたいことを学べるということです。

周りは日本人の学生ばかりでしたが、皆さん非常に親切で、私の思い描いていた通りの大学生活を送ることができました。アルバイトも、ファストフード店やコンビニ、居酒屋と色々経験しましたし、髪の毛も染めたりして、結構はしゃいでたかもしれないです。(笑)


  

在越日系企業に入社した後に結婚。再び日本へ

―― 3年間で大学を卒業された後、ベトナムに帰国されたのですよね?
 

ズン: はい、帰国して日系の建設会社に入社しました。そこでは経理の仕事のほか、ディレクターのアシスタントをさせて頂きました。

正式に日本人と一緒に働くのは初めてでしたが、多くの人は責任感があって、仕事が好きでやりがいを大事にしている私にとっては、学ぶべきものがありました。 また、仕事と私生活で「オン・オフ」を大事にするところも興味深かったですね。
 

―― 現在はご結婚していらっしゃいますよね?
 

ズン: はい、24歳の時に結婚して、今では2児の母です。

夫は国防関係の仕事をしているのですが、私が仕事を始めてから9か月目の時に日本への長期出張が決まり、私も仕事を辞めて再び日本に行くことになりました。私にとって2回目の日本生活の始まりです。
 

―― 行ったり来たりですね。そこからどのくらい日本にいらっしゃったのですか?
 

ズン: 3年です。2015年に夫の任期が終わり、再びベトナムに戻ってきました。
 

これからの人生でチャレンジしたいこと

―― これからの生活でズンさんがやってみたいこと、挑戦したいことはありますか?
 

ズン: 現在進行形ですが、仕事面ではファイナンスなど財務関連の仕事に就きたいと考えています。やはり数字が好きなのと、予算を組み立てることで会社がどのように拡大をするのか見えるのが楽しいです。

私生活では、やっぱり子供に日本を見せてあげたいです。日本語も少しずつ教えていて、子供は新幹線が大好きなんです。でも、夫の仕事の関係で、家族で海外にいくことは簡単ではありません。いつか家族全員で日本旅行できればと思っています。
 

―― なるほど、素敵な目標ですね! ズンさん本日はありがとうございました!

JellyfishHR Co.,Ltd

2013年8月から日系人材紹介会社としてベトナムに進出。現在「ハノイ 」「ハイフォン」「ホーチミン」の3拠点にて、日系、非日系問わず人材紹介サービスを提供しており、SNSを活用した無料求人サイト「Billion」の運営、また日本語教育サービスを提供している。

ホームページURL : http://jellyfishhr.jp/

海外転職をお考えの方はコチラ

Voice ~ベトナム最前線で働く人の声~一覧へ

関連ニュース