「クオックグー」って何?
~現代ベトナム語の歴史~

2016年03月02日公開

ベトナムに住めば毎日目にすることになるベトナムの文字。カンボジアやタイ、ラオス、ミャンマーなどの周辺国では、意味どころか発音の仕方がわからない独特な文字を使用していて、外国人はバスに書いてある行き先を知るのでさえ苦労するのですが、ベトナム語の表記にはローマ字が使用されているため、地名や人名程度ならある程度わかるということに感動した人もいるのでは。

ベトナムは、地理的な特徴とその歴史から、さまざまな国の影響を受けて発展してきた国。それは、言葉も例外ではありません。ここではベトナム語、特に現代ベトナム語に焦点を当て、その歴史を紐解いてみたいと思います。


© VIETJO Life

現代ベトナム語以前のベトナム語

現在、ベトナムで公用語となっている言語は、「現代ベトナム語」と呼ばれます。アルファベットに発音や声調をつけた文字を使用していますが、これが使われるようになったのは文字通り現代になってから。この現代ベトナム語以前は、どのような文字を使用していたのでしょうか。

ベトナムでは20世紀に至るまで、 公式文書は「漢文(漢字)」 で記されていました。隣接国であり、ベトナムの支配国でもあった中国の影響です。これと並行して、13世紀には漢字を応用した *チュノム(Chữ nôm=