【第2回】ベトナム人に日本の臭い食べ物は通用するのか?

2017年11月13日公開

みなさんこんにちは。
YouTube チャンネル 「aNcari Room (アンカリルーム)」 のあかり です!
Chào mọi người, mình tên là akari, nghe giống ăn cà ri đúng không?
(みなさんこんにちは、あかりです、カレーを食べる「ăn cà ri」と似てるでしょ?)

突然ですがみなさん、臭いものは好きですか?

…と聞いても、好きと答える人は滅多にいないですよね、多分…。

ベトナムの匂いが強い食べ物と言ったらたくさんありますが、魚を発酵させて作った魚醤「ヌクマム」やエビを発酵させて作った「マムトム」が代表的ではないでしょうか?
どちらも発酵食品なので、独特の強烈な匂いがしますよね。

私は今ではもうどちらも平気なのですが、初めてマムトムの匂いを嗅いだときは、本当に鼻がもげるかと思いました。
それくらい、強烈な匂いです。
でもこれがまた、慣れると本当に美味しいのです!

で、日常的に(というかほぼ毎日)、その匂いの強いヌクマムやマムトムを食べている彼らにとって、「他の匂いの強い発酵食品はなんでもいけるんじゃないか?」
そう思ったことはありませんか?
はい、というわけで、日本の「アレ」で実験してみましょう。

「アレ」と言えば…

そう、日本の臭い食べ物の代表 納 豆 です!
実験台はいつものユエンちゃん。
さあ、食べられるかな?

実験動画はこちら!!※ユエンちゃんの表情最高です。

~撮影ミニ裏話~
撮影後に動画の編集をしていて気づいたのですが、納豆食べた後のユエンちゃん、オープニングと比べて声がだんだん小さく低くなっています。
納豆をしっかり最後まで平らげたユエンちゃんでしたが、それほど強烈だったかな?
ごめんね…!
それでもその後、大好きなカフェの料理にご満悦。
喜んでくれてよかったです!
ユエンちゃんお気に入りのカフェの詳細はこちら >>  ソーシャルハウスカフェ

ちなみにベトナムの臭い食べ物といえば、 ドリアン もその一つ。
もし動画の企画と言われても、私は絶対に絶対に、絶対に食べませんからね!!!

aNcari Room の Akari

大学卒業してすぐ2016年5月からホーチミンへ。

現在は、ベトナム人の友人家族のおうちに居候させてもらいながら、ベトナム語を勉強したり個人でできるお仕事をもらったりして生活しています。

特別なスキルは何も持っていませんが、地球のどこかの誰かの日常に、小さな平和と勇気の種をお届けできたらという想いで、ちょくちょくYouTubeで動画をアップしています。

YouTubeのaNcari Roomのチャンネルはコチラ

aNcari のベトナム部屋一覧へ

関連ニュース