銀行送金どうやればいいの?
~ベトナムの給与を日本へ~

2015年11月09日公開

日本で保険や年金に加入しているので、日本にある口座から定期的に引き落としがあるけれど、ベトナムでお給料をもらっているから日本の口座のお金は減る一方。ベトナムから日本に送金したい!なんてケースも結構あるのではないでしょうか。そこで、 ベトナムの銀行窓口から日本の自分の口座へ送金する方法 を紹介します。

エクシムバンクを利用してみました

筆者が実際に送金したのは、ベトナムの エクシムバンク(Eximbank) という銀行から、日本の三井住友銀行の自分の口座宛てです。三井住友銀行口座を持っているため、エクシムバンクに三井住友銀行が出資した際、送金に便利かもしれない(トラブルが少ないことが期待できる)とエクシムバンクに口座を開設していました。あくまでの「期待」で、実際にそうかは比較したことがないのでわかりませんが、エクシムバンクには日本人出向者がいるようですので、何か大きな問題が発生してしまったときに、対応をお願いできる可能性はあるかなと勝手に思っています。

そのほか、 ベトコムバンク(Vietcombank) にはみずほ銀行が、 ベトインバンク(Vietinbank) には三菱東京UFJ銀行が出資しています。

お金の出所が肝心

エクシムバンクのホームページ には、「現金及びエクシムバンク口座から海外へ送金でる」と書いてあるため、試しに現金を持ち込んで送金できるかやってみました。ホームページに 「現金の場合はその出所を証明できる書類を持参すること」 と書いてあったため、給与額が記載された労働契約書を持参したのですが、結局 「現金をそのまま送金することは認められません」 との回答。一旦、自分のUSD口座に入金してから送金することになりました。

口座内にあるお金は合法的に預け入れられたものか振り込まれたものと判断され、海外送金の際には出所を証明する必要は基本的にないようです(但し、給与振込み口座であることを示すため、労働契約書や給与明細の提示を求められることもあるらしい)。現金を自分の口座に預け入れする場合には、日本のようにお金を持っていけば預かってもらえるというものではなく、労働契約書や売買契約書、入国時の税関申告書など、 現金の出所を証明するものが必要 となりますので、注意が必要です。

また、ベトコムバンクのホームページによると、同行では外国人で海外送金が可能なのは12か月以上滞在している者としています。他の銀行でも、短期滞在の場合は送金できない可能性があります。なお、送金はUSD口座だけでなく、VND口座や日本円口座などからも行うことができます。

  • ベトナムでは同じ銀行でも支店や担当者によって、そのときの中央銀行の方針によって対応が違う場合があります。


© VIETJO Life

用意するもの

送金する際には、次のものを忘れずに持参してください。

(1)有効期限内のパスポートが貼られている パスポート または レジデンスカード
(2)現金を預け入れる場合は出所を証明するもの(労働許可書、売買契約書、税関申告書など)
(3)送金情報を記載したメモ(後で詳しく説明します)

そして、銀行で送金したい旨を伝えると、係りの人が窓口に案内し、フォームに記入するよう指示してくれます(現金を持ち込んだ場合は、先に口座への預け入れ手続きを行ってから送金手続きをします)。

銀行の送金フォームはベトナム語だけでなく英語も表記されています。フォームには概ね次のような情報を 英語またはベトナム語 で書くことになります。予め調べて、メモを持参するようにしましょう。書く場所は行員がちゃんと教えてくれますので、わからない場合は躊躇せず聞きながら記入してください。

+ 日本の受け取り口座の銀行名及び支店名
 (例)SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION, KANDA BRANCH
+ SWIFTコード
 (例)SMBC JP JT
+ 口座のある支店の住所
 (例)1-1 Ogawamachi, Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
+受取人口座名義
 (例) SUZUKI TARO
+支店番号及び口座番号
 (例)219-1234567(店番号-口座番号)
+ 日本の銀行に登録している自分の住所及び電話番号
+ 金額の英語またはベトナム語表記(算用数字だけでなく文字での表記も求められます)
 (例)Two thousand USD または Hai nghìn đôla Mỹ
 (参考) ベトナム語で数字言える?~慣れれば簡単!読み方の法則~

ベトコムバンクでは、海外送金フォームをウェブサイトで公開していますので、こちら からダウンロードしてあらかじめ用意しても良いでしょう。

USD建てで送金し、円口座で受け取るのが最も手数料がかからない

手数料は、送金する金額から差し引くこともできますし、別途口座から引き落としてもらうこともできます。また、手数料は送る側の銀行だけでなく、受け取り先の銀行でもかかりますが、それも送金額から差し引くか、別途負担するかを選択することができます。送る側がすべて負担する場合は「OUR」、受け取り側がすべて負担する場合は「BEN」、両者がそれぞれ負担する場合は「SHA」という略号がついていると思いますので、当てはまるものにチェックを入れます。

ベトナム側の手数料は、エクシムバンクの場合は次の通りです。

○ エクシムバンクの海外送金手数料
・ 送金手数料:送金額の0.2%(最低5USD)
・ 電信費:送金の種類によって1取引につき10USD~

ベトコムバンクの場合は、送金手数料が送金額の0.15%(最低5USD、最高150USD)、電信費が1取引につきUSDは10USD、円またはEURの場合は40USD、その他外貨は20USDとなっています。つまり、送金するときは USDが最も手数料がかからない ことになります。

日本側でかかる手数料は、三井住友銀行の場合、次のとおりです。

○ 円貨建てで送金され、円預金で受け取る場合
 ・被仕向送金手数料:1500円
 ・円為替取扱手数料:送金額の0.05%(最低2500円)
○ 外貨建てで送金され、円預金で受け取る場合
 ・被仕向送金手数料:1500円
○ 外貨建てで送金され、外貨預金で受け取る場合
 ・被仕向送金手数料:1500円
 ・リフティングチャージ:送金額の0.05%(最低2500円または25USD)

つまり、日本側でも、 USD建てで送金して円預金で受け取るのが最も送金コストがかからない ということになります。

今回の2000USDの送金額にかかった手数料は、ベトナム側で5USD+10USD、日本側で1500円。合計でおよそ3800円でした。

 

2000USDをベトナムから日本へ送金した結果

今回2000USDをベトナムで送金。手数料はすべて送金額から差し引く設定にしました。概要は次のような感じになります。

送金額: 2000USD - 手数料15USD = 1985USD
受取額: 23万7518円
     23万7518円 + 手数料1500円 = 23万9018円 = 1985USD

着金額から当日のレートを求めてみたところ、1USD=120.412円となりました。送金日に市中の両替商で両替しても同じ程度だったと思います。送金額2000USDを手数料を含めた着金額でレート計算すると、1USD=118.759円。たぶんUSD現金を日本に持ち帰って円に両替するとこのくらいのレートになってしまうのではないかと思うので、そんなにお金がかかった気分にはならないですね。

早ければ翌営業日着金

送金から着金の日数ですが、私は土曜日に手続きしたため月曜日の送金と言われ、翌火曜日が日本は祝日で休み、水曜日には着金していました。つまり、 手続きから翌営業日には着金 したことになります。今回は資本提携しているエクシムバンクから三井住友銀行への送金だったから早かったのかもしれません。一般的には3営業日程度といわれています。

ベトナムの銀行は朝早くから営業、土曜日の午前もオープン

ベトナムの銀行は 朝7時半から と早くからやっていて意外と便利。土曜日も午前中11時半まで営業しているので、実際の送金は月曜になりますが、土曜日に手続きだけ済ませることができます。但し、日本と違って長い昼休みがあります。各支店の営業時間をよく確認しましょう。

<関連記事>
銀行口座開設の方法 ~ベトコムバンクの場合~