【第14回】最新の住まい事情~Binh Thanh区の新築コンドミニアム「ビンホームズ・セントラルパーク」~

2017年07月28日公開

Xin Chao!皆さま、こんにちは。
ホーチミン市の賃貸・売買不動産を取り扱う エヌアセットベトナム の西村です。

さて、今回は早速ですが、Binh Thanh(ビンタイン)区の新築コンドミニアム 「ビンホームズ・セントラルパーク(Vinhomes Central Park)」についてご紹介致します。

最大手ビングループが手掛けるプロジェクト

ビンホームズ・セントラルパークは、不動産業では最大手の ビングループ[VIC] (Vin Group)が手掛けた開発案件になり、ホーチミン市内3~4km圏内では直近で最も開発面積が大きく、総供給戸数は1万戸程度といわれています。

こちらのコンドミニアムは全17棟程あり、現在その約半分は購入者へ引渡しを行い、日に日に居住者が増えてきています。開発エリア内に同じくビングループが手掛ける学校「 ビンスクール(Vin School) 」や病院「 ビンメック(Vinmec) 」、コンビニ「ビンマート(Vinmart)」などがあり、周辺環境もビングループで一気通貫しようとしており、ビングループの力強さを感じます。

また、2020年開通予定の地下鉄1号線には、4駅目と5駅目が開発エリアから最も近い駅となっています。
 

注目の新築コンドミニアム「ビンホームズ・セントラルパーク」

不動産業最大手ということもあり、ベトナム人だけでなく、 マステリ(Masteri) と同様に 外国人投資家からも非常に注目されたプロジェクトで、実際の購入事例も多い です。この記事をご覧になられている方も、知り合いが購入したなど耳にしたケースも多いのではないかと思います。また、 投資目的で購入したベトナム人も多いため、新築・未入居物件として、1ベッド・2ベッド・3ベッドと各間取りの賃貸募集中の部屋が現在数多く出ています


1ベッドルームの部屋の様子

ただ現在は、工事中の棟も多く、日中は騒がしくしていますので、棟の位置や向きなどは直接確認された方が良いかと思います。大半の棟は年内に引渡し予定なので、騒音関連も来年には収束され、より利便性は向上するかと思います。

共用施設は、プール、ジム、ラウンジスペースなどを完備し、公園内には、時間貸しのバーベキュースペースやテニスコート、ゴルフ練習スペースなどがあります。

単身からファミリーまで幅広く居住していますが、外国人駐在員の割合だと、単身・夫婦での利用が多いようです。市内までの距離や、マノー(The Manor)からの転居組など、単身利用にとっての条件を大よそ満たしていること主な理由かと思います。

1点、懸念事項は、ビングループは外資を絡めず、全てを自社で行う傾向にあり、管理会社の運営も自社で行っています。そのため、アフターサポートにおいて外資系と比較すると、細部のクオリティーに差があると感じられます。特に供給戸数も多い故、引き渡しが重なった月は対応が非常に遅いということもありました。

現状は、お湯が出るまで時間が掛かるというリクエストを頂くことはありますが、比較的大きなトラブルは発生していません。ただ、先日建設中の棟のボヤ騒ぎ、居住中のパーク6の一室が火災になるなど火災トラブルが連続で発生してしまったというネガティブな事項が発生していることも事実です。

一方で、各棟に充分な数のエレベーターを設置しているため、エレベーターを待つ時間が少ないというポジティブな反響もあります。また コンドミニアムのグレードに対して、賃料は比較的に割安に設定されることから、コストパフォーマンスの高い物件 として賃貸物件の選択肢としても非常に人気が高まっています。特に共用施設が充実していること、市街地まで近いこともポジティブな要因として人気を後押ししています。

当社だけが専任で募集をしている空部屋もあるので、興味がありましたら、是非お気軽に下記より問合せを頂ければ幸いです。次回も最新の住まい事情として、具体的な新築のコンドミニアムについてご紹介をさせて頂きます。

お問い合わせフォーム >>  http://www.n-asset-vietnam.com/contact/

N-Asset Vietnam Director 西村 武将

1982年生まれ熊本県出身、熊本高校、成蹊大学卒業。

大学卒業後、株式会社ノエル、株式会社エヌアセット勤務を経て、2011年9月より N-Asset Vietnam の設立の為、渡越し現在に至る。不動産仲介業を柱として、レンタルオフィスのサービスを2013年度より開始。2015年度よりサブリース、売買仲介の営業展開を予定。ベトナムで信頼度・安心度No.1の不動産会社としての地位の確立を目指します。

ベトナムの住まい事情一覧へ

関連ニュース