ベトナムの住まい事情

【第17回】最新の住まい事情~2区の新築コンドミニアム「ゲートウェイ・タオディエン」~

2018年10月01日公開

Xin Chao!
ホーチミンの賃貸・売買不動産を取り扱う エヌアセットベトナム の杉本です。

今回は2区にある 「ゲートウェイ・タオディエン(Gateway Thao Dien)」 をご紹介します。

ゲートウェイ・タオディエンは、欧米人が多く住んでいる 2区のタオディエン地区 にあります。スーパーやコンビニ、ファーストフード店、レストランなどが入居している ビンコムメガモールタオディエン から徒歩5分 なので、買い物にも便利な立地です。

多くの欧米人で賑わう ザ・デック・サイゴン のようなお洒落なレストランがあるのもこのエリアの魅力の1つです。このお店もゲートウェイ・タオディエンから徒歩5分程の距離にあります。入居した際には、ぜひ足を運んでみて下さい。サイゴン川沿いにあり、風通しが良く気持ちの良い昼間と、適度な照明でロマンチックな雰囲気が演出される夜の両方を楽しめます。

また、 タオディエン通り にある日本屋台村( オイシイタウン )も見逃せません。特にラーメン屋一燈さんの魚介スープは紫外線とスコールで疲弊した身体に沁み渡ります。

ゲートウェイ・タオディエン敷地内のプールやジムの 共用施設は、ラグジュアリー感があり充実 しています。

1階には、スターバックスやエルガウチョを筆頭に有名店がオープン予定です。

周辺は高い建物が少ないため、ベランダから景色を見渡せる部屋が多く、さらにリビングの窓が大きくて リバービューを臨める部屋がオススメ です。しかし、近くで建物の建築工事を行っていますので内見時には窓を開けて、しっかりと騒音の確認を取って下さい。

部屋の内装は、オーナーが自身の好みを交えて個性を発揮している部屋から、シンプルに仕上げている部屋まで千差万別です。いずれにしても内装は綺麗に仕上がっているため、安心してご紹介できる部屋が多いです。もちろん日本人好みの部屋もありますので、どうぞご安心下さい。

注意点として、新築のためまだ工事が終わっていない箇所も多いです。特にエントランス前の道路は舗装がされておらず、スコールの後には大きな水溜まりが出来てしまいます。ファミリー世帯が多く入居するかと思いますが、現時点ではベビーカーの利用は難しそうです。

当社だけが専任で募集をしている空部屋もあるので、興味がありましたら、是非お気軽に下記メールより問合せを頂ければ幸いです。

エヌアセットベトナム ホームページ >> https://n-asset-vietnam.vn/
お問合せ先メールアドレス >> vietnam@n-asset.com

N-Asset Vietnam 杉本 朗

1990年生まれ。静岡県出身。青山学院大学卒業。

株式会社エヌアセットで不動産の仲介・管理業務を経験し、現在エヌアセットベトナムで不動産賃貸部門を担当しています。

日本で培った貸主様・借主様双方をフォローするノウハウをベトナムで活かします。

お部屋探しから、入居後のサポートまで、一貫してサービスを提供して参ります。



 

ベトナムの住まい事情一覧へ

関連ニュース