【第1幕】ベトナム生活の醍醐味!
「イベント企画制作会社の仕事はジャンルは広いが突き詰める、できれば1番を探し当てる」

2019年05月14日公開

コラム「イベントオヤジの独り言」をベトジョーライフにて再スタートします平櫛開三です!ここでの独り言は、 イベントビジネスとベトナムの生活をリンクさせた面白話 を連載させて頂きます。

今までコラムを毎回毎回辞めようかどうか…と思っていると、「最近見ないですね。楽しみに…」なんて言われ…。なので!コラム卒業は延期にしました!今後とも宜しくお願いします。

で、改めてイベント会社の仕事についてですが、以前も他媒体にてご紹介しましが、とにかく幅広いです。時には薄―く、時には深―く幅広いのです。よく「イベント会社はなんでも屋」というフレーズを使う人がいます。しかし、イベントがなんでも屋?というのはあまり好きじゃないです。我々はイベントという業務において発注ひとつにしても、演出にしてもテーマを与えられたらとことん突き詰めます。ベトナムで用意できるツール、可能な演出手法など徹底的に突き詰めます。

ある展示会で、クライアントから「生け花とリンクをさせて商品を飾りたい」というオーダーがありました。まずはベトナムで用意でき得る花、その色、形を徹底調査します。担当者はベトナムの花の中から理想の花を探し当て、デザインの提案をします。クラインアントから「もっとこんな感じ」と言われても、徹底的に調べ上げた担当者はいつしかベトナムの花のプロになり即答ができます。 クライアントのために企画を突き詰め、最適な1番を探す、これがイベント企画制作会社の醍醐味 なんです。

さて、ちょうど新年度が始まったばかりで、新たにベトナムに駐在された方も多くおられると思います、日本人にとっては大した娯楽のないこの国で、何をして遊ぶか…。それは、 自分の好きなものを突き詰め、そして探し当てる!自分にとって1番を見つける、自慢する、これがベトナム生活の醍醐味 では無いでしょうか。

情報誌の記事や広告も良いですが、いろんな知り合いの情報、自分の足で探し歩く。
例えば、
「ゴルフ場は」
「ゴルフの後は何をする」
「まじめなマッサージを!」
「アオザイつくるのどこが良い?」
「かわいいバックどこにある?」
「ほんとにおいしいフォーは?」
「ベトナムリゾートは?」

いろいろ楽しんで、自分にとっての1番を探し当ててください。

私は10年以上前ベトナムに進出し、軌道に乗り始めたころ、大好きな古い道具や車、バイクをなんとかこの国で手に入れたい!と思った時期がありました。そこからは職業病です。インターネットや泥棒市場を、嫌がるローカルスタッフと探し巡り、1年ぐらいの間に、古いスーパーカブ、ランブレッタ、ミニクーパー、VWバス、トライアンフオープンカーなど、…気が付けば全てベトナムオフィスに置いてありました。いつしか駐在日本人の中で1番ビンテージカーを所有するイベントオヤジ(平櫛自分調べ)になっていました。

皆さんベトナムを楽しみましょう!突き詰めましょう!できれば自分の中の1番を!

平櫛開三 HIRAGUSHI KAIZO

1987年に株式会社AABを日本(大阪)に設立、その後、2006年にAAB VIETNAMを設立。

AAB VIETNAMはイベント関連事業全般を業務範囲とする。日本の公官庁や自治体、ベトナム進出の日系企業等の顧客を持ち、各種式典(竣工式などのオープニングセレモニー、周年記念など)やPRイベント(新商品発表会や日本の物産展、商談会や観光誘致プロモーションなど)、会議、展示会、各種パーティーからエンターテインメント(ベトナム人歌手のライブショー、ファッションショーなど)までを幅広く手掛け、ベトナムにおけるイベント専門会社の中でもトップクラスの規模を誇る存在に成長させた。

2018年より日本及び海外拠点(ベトナム、フィリピン、インドネシア、マレーシア、フランス)の統括管理責任者として、グループのCEOに就任。ベトナムの日本人向け媒体に「イベントオヤジの独り言」を連載した。

◆連絡先

AAB VIETNAM

平櫛直通TEL:090-262-0066

hiragushi@aab.co.jp

イベントオヤジの独り言一覧へ

関連ニュース