【第2幕】ホントに喜ばれるギフトは?
「それ、ゲストが喜びますか?わたしいらない、テトに捨てます」

2019年05月27日公開

工場や事業所、会社設立のオープニングセレモニーや周年事業など、ホテルや工場などで行われるセレモニーイベントを毎月、数多く受注させて頂いています。多くのお客様をご招待するセレモニーでは、必ずと言っていいほど、お土産を頂くと思います。皆さん、 式典に参加してほんとに嬉しいお土産をもらったことはありますか? (心は別ですよ)

お土産の案として、よくクライアントから「普段使える、後に残るもの、会社名を入れる」というオーダーがあります。しかし、よく考えてください。他社の社名またはイベント名が印刷された事務用品など、ほんとに嬉しいですか?持ち帰って使いますか?迷惑じゃないですか?

例えば、お誕生日パーティーに来てもらった友達に「ぼくの誕生日!」と書いた文具をもらって、嬉しいでしょうか?日本からお越しいただいているお客様用に、「ベトナムのギフト」というオーダーも良く受けますが、器や絵、シルク製品、漆製品、ほんとに嬉しいと思いますか?邪魔じゃないですか?いつか捨てられませんか?あなたも捨ててないですか?一番困るのは、記念集合写真を撮って、帰りにお渡しするというもの。これ飾るんですか?オッサンの顔見て楽しい?

皆さん、とにかくギフトにも心を込めましょう。日系企業の式典は、駐在の日本人の方も多く出席します。あまり難しく考えず、 単純に自分がもらって嬉しい、もしくは、例えばお母ちゃんや恋人に持って帰ってあげたくなるもの を考えるのも良い方向です。

私だったら、普通に日本のお菓子、お酒類などが嬉しいです。 本社や創業者のゆかりの名酒や食品類など、お帰りの案内で伝えたくなるほどのギフト を企画したいものです。

もしセレモニーを計画している方でお付き合いのある業者さんに「捨てられない、印刷入りの普段使うギフトを提案して」と発注して、「かしこまりした!探します!」と、答えた業者さんは、きっと適当に仕事してる人だと思います。昔、セレモニーのご提案時に、競合プレゼンテーション(他社と企画を競う)をした際、クライアントが「イベントオヤジの独り言で平櫛さんのコラムのそのまま受け売りで提案してきたよ」と、言われたことがあります(ちょっとハンサムトークでした)。

皆さんも、年に1度や2度 ベトナムのウーマンデー やバレンタイン、お誕生日、記念日など、心だけでは許してもらえない、モノをプレゼントする機会が多少なりともあると思います。会社付き合いと友人関係、特定の個人など、それぞれ対象は違うと思いますが、 ぜひ独りよがりにならないギフトを今一つよく考えて、楽しみながら企画してください 。ちなみに私は個人的なプレゼントでモノを上げることは無いです。「では、何を?」それはまたの機会に個人的に聞いてください。

平櫛開三 HIRAGUSHI KAIZO

1987年に株式会社AABを日本(大阪)に設立、その後、2006年にAAB VIETNAMを設立。

AAB VIETNAMはイベント関連事業全般を業務範囲とする。日本の公官庁や自治体、ベトナム進出の日系企業等の顧客を持ち、各種式典(竣工式などのオープニングセレモニー、周年記念など)やPRイベント(新商品発表会や日本の物産展、商談会や観光誘致プロモーションなど)、会議、展示会、各種パーティーからエンターテインメント(ベトナム人歌手のライブショー、ファッションショーなど)までを幅広く手掛け、ベトナムにおけるイベント専門会社の中でもトップクラスの規模を誇る存在に成長させた。

2018年より日本及び海外拠点(ベトナム、フィリピン、インドネシア、マレーシア、フランス)の統括管理責任者として、グループのCEOに就任。ベトナムの日本人向け媒体に「イベントオヤジの独り言」を連載した。

◆連絡先

AAB VIETNAM

平櫛直通TEL:090-262-0066

hiragushi@aab.co.jp

イベントオヤジの独り言一覧へ

関連ニュース