第9回【ホーチミン市の交通事情】在住者は知っておくべき交通トラブル&あるあるエピソード

2020年05月15日公開   2020年05月19日更新

みなさん、こんにちは!ホーチミン在住のベトナム人 ICONIC のHanです。コラム 「【日本人が知らない】ディープなベトナム案内」 では、ベトナムでの旅行やグルメ・文化・ショッピング・その他おもしろ情報を発信していきます。

ベトナムの経済・貿易・観光の中心地であるホーチミン市は、普段は渋滞が多い都市だというのをご存知ですね。ホーチミン市は郊外と比べると交通事情が複雑ですが、もはやそれが一種の文化となっていて、面白い一面もあります。今回は、そんな ホーチミン市の交通事情 についてご紹介します。


引用: VTV news

外国人の方がホーチミンを訪れたら、まずは渋滞の様子に驚くかもしれません。「こんな渋滞の中で生活するのは大変そうだなあ…」という観光客の会話をよく耳にしますが、確かにこの様子を見たらびっくりしますよね。でも、ホーチミン市に住んでいる私たちベトナム人にとっては、これが日常なんです。ホーチミン市で働いている日本人の同僚も、渋滞を見ても平然としています。もう何も驚きません。

通学・通勤時間は渋滞がピークに

渋滞が発生する時間帯はおおよそ決まっています。平日の午前8時~午前9時(登校、出社時間)と午後5時~午後7時(帰宅時間)が渋滞のピークとなっています。

この時間帯に車で移動する場合は、仮に出発地から目的地までの距離が5kmだとして、通常時で30分くらい掛かりますが、渋滞時だと45分~1時間以上掛かることがあります。ただし、土日は平日と比べて道が空いています。テト(旧正月)や祝日の際には、田舎の実家に帰る人も多いため閑散としています。


引用: VIET NAVI

雨季はバイクでの移動に注意

ホーチミン市は道の渋滞だけでなく、気候も他の地域と異なります。北部の首都ハノイ市は一年を通して四季があり、南中部沿岸地方のダラット市は一年中涼しい気候です。ホーチミン市には「乾季」と「雨季」という2つの季節があり、雨季になると1日に何度も雨が降ります。

また、ホーチミン市は海から離れており、台風の影響を受けることがない分、熱帯低気圧が発生して雨が降るのです。大雨が続くと道が浸水し、歩くのも困難な状態になります。


引用: tuoi tre

私は帰り道で渋滞に巻き込まれ、さらには道が浸水して大変な目に遭ったことがあります。乗っていたバイクのマフラーに水が入って動かなくなってしまい、普段は15分で帰宅できる道のりが、なんと2時間も掛かったのです。バイクを押して帰ろうとしたのですが、最終的には自宅にいた父に迎えに来てもらいました。その日はホーチミン全体が荒れ果てていたのを今でもよく覚えています。ビルの地下駐車場が浸水し、100台ものバイクが故障してしまいました。


引用: WEBBAOHIEM.net

あれ以降、私は雨季になるとバイクが浸水しないよう注意しています。これから初めて雨季を過ごすという方は気を付けてくださいね。

歩きスマホは格好の餌食!

渋滞や浸水に加え、もう1つ注意しなければならないことがあります。それは、道端でスマートフォンを使用することです。歩きながら通話をしたり、スマホをいじっていると、バイクに乗ったスリが近寄ってきて、あっという間にスマホを奪い去ってしまうのです。その様子が飛び立つ「鳩」に似ていることから、ベトナム人は彼らを鳩と呼びます。


引用: Zing News

外国人は「鳩」の格好の餌食です。スマホを使用する際は、車道から離れた場所や屋内で使いましょう。

忍者の仮装バイク!?

紫外線から身を守るために、完全防備で運転している女性をよく見かけます。まるで忍者の衣装のようです。


引用: GIAO THONG


引用: Thương Trường

さらに彼女たちは、「Lead(リード)」という種類のバイクに乗っていることが多いため、ホーチミンでは彼女たちを「Ninja Lead(ニンジャリード)」と読んでいます。見た目は面白いですが、全身防備だと視界が狭くなり、接触事故を起こす可能性もあるため、私はあまり近寄らないようにしています。

覚えるのは至難の業。ホーチミンのヘム事情

ホーチミンには、道路やヘム(路地)がたくさんあります。複数の区画にまたがる長い通りもあれば、100mほどの短い通りもあったりと様々です。また、同じ名称の通りが200以上あるなど少々厄介です。

これらの通りは迷路のようになっており、外国人だけでなく現地の人々も迷ってしまうほど。私はホーチミン市で生まれ育ち20年以上経ちますが、未だに全ての道を覚えられません。グーグルマップを使用しても迷ってしまい、間違えて他人の家に入ったこともあります…。どの道を通れば良いかは通行人が教えてくれるので、困ったら尋ねてみましょう。ヘムが覚えられないという方は、主要な大通りを覚えておきましょう。

「Dien Bien Phu(ディエンビエンフー)」、「Nguyen Dinh Chieu(グエンディンチエウ)」、「Paster(パスツール)」などが分かっていると移動の際に便利です。ただし、これらの通りは大変混雑するため、急ぎの際は避けたほうが良いでしょう。

ちなみに、ホーチミン市の通りには様々な花の名前がつけられています。例えば、Hoa hong(ホアホン)=バラ、Hoa Sua(ホアスア)=ジタノキ、Hoa dao(ホアダオ)=桃、Hoa cuc(ホアクック)=菊などがあります。花の名前が通りの名前になっているなんて素敵ですよね。


引用: SOHA

いかがでしたか?いろいろなことが起こり得るホーチミンの交通事情ですが、きちんと対策をしておけば問題なく生活できます。近年は経済成長の影響で生活水準が高まり、それに伴って交通事情も変化しています。

ICONICベトナム

ベトナムで転職実績No.1を誇るICONICです。ベトナムでの転職支援・求人紹介を行っています。ベトナムの生活情報をお届けするブログも運営しており、ベトナム旅行、ベトナム料理、文化、ショッピング、その他おもしろ情報を発信中!生活に役立つ情報を現地からお届けします。

>> ベトナムでの転職・求人ならiconicJob

>> 海外転職・アジア生活ブログ

【日本人が知らない】ディープなベトナム案内一覧へ

関連ニュース