【第19回】日本国内活動、LSJ!!!

2018年07月02日公開

こんにちは!
早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)公認、 DOORS-日越交流プロジェクト- です。
DOORSは年に2回、春と夏にベトナムに渡航をして、主に奨学金の授与と交流会による教育支援を行なっている団体です。

今回は、僕たちDOORSが日本でしている活動の一つである 「LSJ(Lets Speak Japanese)」 について紹介したいと思います!

担当は DOORSの中で一番肉を焼くのがうまい りんたろう です!

LSJとは?

LSJ とは、日本に住む外国人を対象に日本の文化紹介や、日本語を実際に話してもらう機会を増やそうと発足した活動です!
昨年の12月から毎月一回程度を目安に活動しており、毎回好評をいただいています!
これまでの活動の中から幾つかかいつまんでみなさんへLSJを紹介したいと思います!

第4回LSJテーマ:日本の春

今年の春休みに行われた第4回LSJでは、日本の春について知ってもらうべく、お団子づくりを体験しました!
その後、実際に公園に赴いてお花見ピクニックを楽しみました!


桜を見ながら俳句を詠みました!

この企画に参加したDOORSメンバーのみやびは、「留学生の語彙力の高さと料理の時に見せた器用さにびっくりした!」と振り返ってくれました。

第5回LSJテーマ:こどもの日

第5回は「こどもの日」をテーマに、クイズを交えたプレゼンテーションの企画や、新聞紙での兜づくり、柏餅を食べたり俳句を詠んだりしました!
特に新聞紙で作る兜が好評だったそうです。


できた俳句と一緒に


作った兜をかぶってみた!

ちなみに、この回でプレゼンテーションを担当したDOORSメンバーのあまねに感想を聞いてみると、「日本語を学んでいる人に対して、日本の歴史やこどもの日の由来を説明するのは難しかった。日本語交流、学びを考えたら、プレゼンする側や教える側として伝える方法について考えないとあかんなぁ」と、伝える難しさについて語ってくれました。

LSJは、ただ単に交流の場を設けるだけでなく、DOORSメンバー自身が成長できる場でもあるんですね。
また、日本の文化を伝える際にも、例えば「ちまき」を知らなかったメンバーがいたり、地域によって作り方が異なったりと、日本人同士での発見もいろいろあったようです!

第6回LSJ:バーベキュー

第6回はDOORSの新メンバーも交えてのバーベキューパーティーでした。
事前に6kgのお肉を買って臨んだにも関わらずあっという間に無くなっていました・・・。

新メンバーにとっては ベトフェス に引き続きベトナム人と触れ合う貴重な機会で、来る夏渡航に向けての良い予行練習になったのではないでしょうか?


バーベキューの様子


バーベキューに来てくれたベトナム人の学生

このようにDOORSはベトナムでの活動に加えて国内での支援も積極的に行っています。
まだ始まったばかりのプロジェクトで、メンバーも試行錯誤しながら運営しています。

そして、間もなく来る夏休みには、DOORSはベトナムへ渡航して活動を行います!
一段と忙しくなるシーズンです。
これからの活動も目白押しですので、次回の「ドンと行く!俺らのベトナム体験記」にも乞うご期待!

DOORSー日越交流プロジェクトー

早稲田大学平山郁夫ボランティアセンター(WAVOC)公認 DOORS-日越交流プロジェクトー

「相互理解・相互成長」を理念に、年2回ベトナム・ホーチミンの小中学校と高校で「交流」を通じた教育支援と奨学金支援をしている学生ボランティア団体。

ドンと行く!俺らのベトナム体験記一覧へ

関連ニュース