【第24回】国内活動も充実!!〜総長杯・早稲田祭〜

2018年12月12日公開

こんにちは!
早稲田大学公認ボランティアサークルの DOORS―日越交流プロジェクトー です。

DOORSは年に2回、春と夏にベトナムへ渡航をし、主にホーチミン市内の小中学生への奨学金授与と現地学生との交流企画運営による教育支援を行なっている団体です。

今回担当するのは、 南米在住歴7年、いまだ日本語を勉強中の通称あみーがこと、あみ です!

今回は、ホーチミン市内、特にフックタイン地区の子どもたちへの奨学金を集めるため、私たちDOORSが日本国内で行っている 「総長杯」・「早稲田祭」 の活動の様子を紹介します!

ベトナム現地で行っている活動だけでなく、奨学金授与という目的のために日本で行っている知られざる一面を知ってもらえる機会になれば嬉しいです!

それではさっそく始めていきましょう!!

早稲田最強のフットサルサークルはどこだ!~総長杯~

最初に紹介するのは、「総長杯」です!

総長杯とは、早稲田大学が主催している体育祭のことで、フットサル大会や他にもバスケットボール、卓球、ボート、空手などの大会が行われます。毎年DOORSは総長杯運営へ協力をしており、そこで得られる報酬がベトナムの子どもたちへの奨学金となります。

早稲田大学のフットサルサークルが一同に会する総長杯は、10月14日に予選、11月1日に決勝が行われ、大いに盛り上がりました。


優勝を目指して、ハイレベルな戦いが繰り広げられました!


DOORSもお手伝い!

11月とは思えない暑さの中、大会の運営をがんばりました!
夏に2週間ベトナムで過ごしたこともあり、みんなとっても仲良しです。ベトナムが生んだ私たちの絆?!

総長杯には、実に14もの団体が参加してくださり、行われた試合数はなんと50以上!!とっても充実した2日間となりました。

日本最大規模の学園祭、「早稲田祭」!~DOORSブース~

2日間で10万人ほどが訪れ、日本最大級の学園祭とも呼び声が高い 「早稲田祭」
今年は、11月3日と4日の両日に行われました。

我らがDOORSもブースを出店し、ベトナム雑貨の販売とベトナムコーヒーの試飲を行いました!


ベトナム雑貨いかがですか?

これらの雑貨は私たちがベトナムへ赴いた際に買い出しを行い、販売しているものです。実際にホーチミンにある市場へ行き、値引き交渉を駆使して購入しています。ベトナムでの値引きは名物の一つですよね。先輩たちの交渉術は本当に見ものです!

当日は、女の子はベトナムの伝統衣装であるアオザイを着て雑貨を販売しました!とっても dễ thương(イェー トゥオン=かわいい)です!!


ベトナムコーヒーどうぞ!

ベトナムコーヒーの試飲も行いました!練乳が入っていて、甘くて飲みやすいのが ベトナムコーヒーの特徴 。コーヒーが飲めない私も一瞬でこのコーヒーの虜となりました。みなさんもぜひ試してみてください!!

おいしい匂いについついつられて?!子供から大人まで、延べ600人の方がDOORSブースに足を運んでくださいました!

毎年来てくださる方もいて、先輩方がこれまで築きあげてくれた歴史や軌跡をしみじみと感じました。なんだかとっても深いなあ…。

総長杯の運営と早稲田祭でのブース出店を通じて、 子どもたちへの奨学金は多くの方々のご協力、ご支援のもとで成り立っている のだと実感しました。得られた収益金は、ベトナムの小中学生への奨学金として大切に使わせていただきます。

同時に、代々続くDOORSの歴史も感じ取ることができました。今後も人とのつながりを大切にし、団体として成長していきたいです。これからもDOORSをどうぞよろしくお願いします!

ではでは、今回はここまでとします。
次回の「ドンと行く!俺らのベトナム体験記」もお楽しみに!

DOORSー日越交流プロジェクトー

早稲田大学平山郁夫ボランティアセンター(WAVOC)公認 DOORS-日越交流プロジェクトー

「相互理解・相互成長」を理念に、年2回ベトナム・ホーチミンの小中学校と高校で「交流」を通じた教育支援と奨学金支援をしている学生ボランティア団体。

ドンと行く!俺らのベトナム体験記一覧へ

関連ニュース