統計から見るベトナム

【第4回】日韓エンタメ戦略の差によるベトナムビジネスへの影響

2015年03月24日公開

ベトナムでは、K-POPや韓流ドラマなどを目にする機会が多いと思います。一方、日本のエンターテイメントといわれると、「アニメ」「漫画」「コスプレ」などをイメージする人が多いように思いますが、実際、ベトナム人はどのように思っているのでしょうか。

今回は、ベトナムにおける日韓エンタメ事情を調査しました。

ベトナム人が知っている日本の有名人は誰??

上の表は、ベトナム人に聞いた「知っている日韓有名人」「日韓ドラマ」のランキングです。

ベトナム人が知っている日本の有名人はというと、 1位=安倍晋三2位=小澤マリア ・・・。2位に往年のセクシー女優が来てしまうのが意外ですが、実は、昔からベトナムでは日本のアダルトVCD・DVDが廉価で出回っていた経緯があります。ですので、ベトナムでは「セクシーでエロい」象徴として小澤マリアの知名度は極めて高いです。

一方で「知っている韓国の有名人」となると、 イ・ミンホチャン・ドンゴン など、韓流の俳優や歌手の名前ばかり出てきます。

知っている日本のドラマの断トツ1位は 「おしん」 。それに続くのはなぜか 「ドラえもん」 。もはやドラマですらありません。

これに対し、韓国のドラマは比較的最近の作品がランクインしています。これはベトナムで放送されている日韓ドラマの量の違いが背景にあります。ここ5年で韓国ドラマは78本も放送されているのに、日本のドラマは10本しか放送されていません(JETRO調べ)。

これには、韓国ドラマの放映権の安さやストーリーの明快さなど、様々な理由があるようですが、結果的にネットでの視聴などを含めて、ベトナム人は韓国のドラマを見て韓国の音楽を聴く・・・、そんな生活を送っています。

下のグラフは、ベトナムの2チャンネルのようなサイトでの日韓エンターテインメントの書き込み数を比べたものですが、日本のドラマや音楽について話題にする人は非常に少ないです。

ベトナム人が持つ日韓のイメージは?

日本や韓国、その他の国について、ベトナム人はどのようなイメージを持っているのでしょうか。

下の表は、「技術」「食事・料理」「化粧品」など、それぞれのキーワードを聞いて思い浮かぶ国は?というアンケート調査の結果です。

先ほどの、エンターテインメントの認知度の差異が大きな影響を与えているのが、ファッションや化粧品といった消費者商品(消費財)の分野です。これらのカテゴリーでは韓国商品が日本を圧倒しています。クールジャパン戦略に力を入れている日本ですが、ベトナム人が日本に「クール」さを感じるのは、テクノロジーやアニメの分野に限定されています。

実際、ファッション・化粧品等の分野では、多くの韓国企業がベトナムで売上を拡大させています。特徴的なのは、本国での売上が100億円程度の会社が、早くからベトナムに進出し、韓流ドラマ・音楽の後押しを受けて売上を伸ばしている点です。特に韓国の化粧品企業はイメージの強さに加えて、独特でアピールし易い効能と、手に取り易い価格でベトナム市場を攻略しています。

ベトナムでの日本企業の今後の展開は?

ベトナムは他の東南アジア諸国以上に親日国です。日本人、日本製品であるというだけでプレミアムがつき、仕事をする上で様々な恩恵を受けることができます。また平均年齢が28歳と若く、これからの消費者市場の広がりが約束されている国だと思います。この環境で日本の消費者向け商品がチャンスを逸しているのは本当にもったいない状況です。

まだ1人当たりのGDPが2000ドルと決して裕福ではないベトナムですが、5年後・10年後を見据えた時に、非常にオポチュニティの高い市場だと感じています。

株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。

NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。

2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中

統計から見るベトナム一覧へ

関連ニュース