統計から見るベトナム

【第38回】ベトナムと日本の大学生の生活費大比較

2017年08月11日公開

ベトナムの大学生について調査をしてみると、驚かさせるのがその倹約生活ぶりです。今回は、実家住まいではない大学生が一体どんな生活をしているのかについて調査をしてみました。

先日当社で実施した1000名のホーチミン及びハノイの大学生の調査の中から、532名の実家住まい以外の大学生についてその実態を調査してみました。また、比較対象として、当社でインターンをしている日本の大学生(都心の私立大学に通う裕福な一人暮らしの3年生)の例と比較をしながら見ていきたいと思います。

※比較のため、全て通貨は日本円で表示。1円=200VNDにて計算。

 

出費は日本の大学生の5分の1

日本人インターン生の1ヶ月の出費が約17万円であるのに対して、ベトナムの学生は2万5000円程度 で生活をしています。この差異の一番大きな点は 家賃 です。ベトナムの地方出身の大学生はルームシェアや寮がほとんどでその価格は 大体2000〜7500円 です。

キッチン、バスルームなどが共同のルームシェアの場合は8〜10畳程度のスペースを数名で利用します。さらに、寮の場合は6〜8名程度で一部屋に暮らし、プライベートスペースは簡易ベッドの上のみといった環境に暮らしています。

また、エアコンがほとんど備え付けられていないので、各自が一台以上扇風機を所有していたりと倹約して生活をしています。

 

食費は1日400円

ベトナムの大学生の 食費については、1ヶ月で約1万2500円 。1日にすると400円程度です。一人暮らしでも昼食・夕食については特に自炊派が多く、また自宅周りの 外食も廉価で、一食100~150円(約2~3万VND) で済ますことができます。

学生にとっての自炊の友は インスタント麺 で、数十円で購入でき、調理も簡単なことから多くの学生に利用されています。彼らの日常生活の中で日本食に触れる機会はほとんどありません。

 

少ないファッション・美容・娯楽への出費

日本のインターン生に好きなブランドを聞くと、ZOZO TOWN(ゾゾタウン)やビームスなどの名前が挙がります。これらのショップでシャツなどを購入した場合の単価は恐らく安いものでも数千円程度でしょう。 ベトナムの大学生は、洋服を買う機会は多いのですが、多くは近くのローカル店舗やスーパーでの購入が多く、単価が大きく異なります 。月額30万VND(約1500円)以下が半数と購入金額は高くありません。

またブランド認知や意識が低いため、ブランドにお金を支払うという意識が日本の大学生と比較して大きく下回ります。化粧についても、化粧をしない学生が半数以上を占めます。

 

それでも持っているスマホとPC

ベトナム人大学生の実際の生活自体は質素そのものですが、一方で調査した 大学生の9割以上がスマホを所有 していました。また、iPhone(アイフォン)の所有率も実家住まいの裕福な大学生を中心としてですが、3割弱を占めています。

1日のインターネット接続時間も移動中のネット接続がほとんど行われないことを考えても驚異的に長く、多くの学生にとって Facebook(フェイスブック) が情報のハブとなっています。ソーシャル以外では Camera360(カメラ360)Snow(スノー) のようなカメラアプリや辞書アプリ、最近では Grab(グラブ) を利用する学生も増えているようです。

 

お金持ちの大学生はどこにいるのか

全体的には大学生は非常に質素な生活を送っているため、日本の企業にとってビジネスターゲットとなりづらいのは事実です。しかしながら、実家住まいの大学生は親からの支援も多く、その中でも親が裕福な大学生は生活も他の学生と比較するとずっと派手めです。ZARA(ザラ)やAdidas(アディダス)などのブランドものを好み、週末はバーベキューやミルクティーチェーン店などを好むような人々で今回の調査対象の10%弱程度が当てはまりました。それでも日本の学生と比べると慎ましやかな生活だと言えます。

収入についても、カフェなどのアルバイトで時給80円程度、家庭教師であっても300円程度のため、精々稼いだところで月2〜3万円程度です。全体的にベトナムの大学生は非常に倹約な生活をしていますが、その一方で YouTube(ユーチューブ) を使って勉強するなどデジタルの活用が盛んである点、またボランティアなどのクラブ活動を通じた社会貢献を行なったりと充実した時間を過ごしているようです。

株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。

NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。

2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中

統計から見るベトナム一覧へ

関連ニュース